京橋3丁目ネット
京橋のお店・会社案内 京橋ものがたり 町会について お役立ちリスト エリアマップ ニュース YOUTUBE twitter

秋葉薬局創業99年の老舗薬局。住所 : 東京都中央区京橋3-6-1 / TEL : 03-3561-4359

秋葉社長

「秋葉薬局」の三代目、秋葉保次社長にお話しを伺いました。

秋葉薬局は京橋で何年になられますか?

秋葉社長:「1913年(大正2年)に父が創業し、今年で99年になります。兄が亡くなり順番で二男の私が跡を継ぎました。

何故、初代の方は京橋に薬局屋を開かれたのでしょう?

秋葉社長:「京橋のすぐ近くの日本橋本町は薬屋の町でした。その流れが京橋まで繋がっていたのだと思います。初代は売りに出されていた薬屋を買い取ったと聞いています。」

京橋には薬屋さんが多かったのですか?

秋葉社長:「江戸時代の南伝馬町には四ツ倉があり、そのお倉の一つが堺屋さんという有名な薬屋で、今でいう漢方薬を扱っていたようです。京橋にはもう一つ有名な実母散を扱う喜谷実母散という今でいうところのメーカーであり小売店がありました。昔は製薬と看板が一緒だったんですね。」

秋葉社長には京橋に色々楽しい想い出がおありのようですね?

秋葉社長:「1949年(昭和24年)にオドゥール監督率いるアメリカのマイナーリーグ・サンフランシスコ シールズが当時の全日本チームと試合をするために来日し、日本橋から銀座に向かって歓迎パレードが行われました。戦後初のパレードだったこともあり見に行きましたね。それから、1954年2月1日にマリリンモンローとジョーディマジオが新婚旅行で来日し、銀座から日本橋へパレードしたんですね。当時私は20代後半でした。今のように高速道路がなかったですから日本橋までそのパレードを見渡せたのをとても鮮明に覚えていますよ。」

振り返られて京橋でのお商売はいかがでしたか?

秋葉社長:「昭和40年~45年が最盛期で本当に忙しかった。50年代に入りマツモトキヨシがチェーン展開を始めてから商品が多様化して行きましたね。」

秋葉社長は、どのような夢をお持ちですか?

秋葉社長:「今、薬は標準値で作っています。未来に向けての薬の利用法ですが、処方された薬が自分に合っているかどうかを調べられるようなものが出来ると良いと思います。」

秋葉社長は戦争中に疎開をした想い出の地、藤沢に住まわれ今でも毎日東海道線で京橋まで通われておられるそうです。 秋葉社長の話されるたおやかな江戸言葉が耳に心地良く残りました。 これからも薬剤師会のため、そして京橋のためにご活躍下さい。ありがとうございました。

秋葉薬局

住所 : 東京都中央区京橋3-6-1
TEL : 03-3561-4359
スタイル : 薬局
ホームページ :  
営業時間 :  
定休日 :  

クレジットカード :  
お店へのアクセス :