京橋のお店・会社案内
京橋ものがたり
町会について
お役立ちリスト
エリアマップ
ニュース

企業インタビュー
藤井 顕司さん(東京建物株式会社)

企業の役割は地元の皆さんのまちづくりの思いを
サポートしていくこと。

東京建物の設立は1896年。創業の地は呉服橋の交差点より日本橋寄りの場所です。1929年に現在の本社ビルが八重洲に竣工しています。全国にビルを保有していますが、この本社ビルを中心に東京駅前周辺で大小合わせて20棟以上のテナントビルを保有または管理して貸ビル事業を営んでいます。八重洲、京橋、日本橋の3つのエリアを私どもは東京駅前エリアと呼んでおり、大事なエリアと位置付けています。これらのビルの価値を向上させるためには、ビル単体だけではなく、このエリア全体で高い価値を持つようにしていかなければいけないと思っています。

東京建物本社ビル 京橋エリアについてですが、銀座エリアまでは人がたくさん来ており、日本橋エリアでは室町で三井不動産や地元の方々がまちおこしをしています。その中間のエリアである京橋は人の流れという点では空白地帯になっています。

京橋エリアについてですが、銀座エリアまでは人が来ており、日本橋エリアでは室町で三井不動産がまちおこしをしています。その中間のエリアが空白地帯になっています。

理由のひとつはオフィス街として、街区の大きさが丸の内地区に比べて小さいこと。2つか3つの街区を合わせてはじめて向こう側のひとつになるぐらいです。オフィスは大きければ大きな会社に使っていただけます。すでにブリヂストンさんや味の素さんなど日本を代表するような企業がありますが、一方でビルが古くなってこのエリアから出て行った企業も多くあります。そのような企業をもう一度呼び戻すためには受け皿となる大きなビルも必要となります。全部が変わればいいということでは決してないのですが、機能更新が必要なところは建替えて大きなビルに変わっていくことも今後必要だと思います。機能更新することによって日本を代表するオフィス街として再生していくことが大事だと考えています。

もうひとつは商業の集積がこの立地特性に比して少なかったということではないでしょうか。私どもはビルをつくる際に多くの場合、低層部分に魅力ある店舗に入っていただいています。魅力的な商業空間はオフィスの価値を高めますし、商業施設にとってもオフィスワーカーがお客さんになります。オフィスと商業施設にはそのような相互依存関係があり、共存することで相乗効果が生まれます。(仮称)京橋3-1プロジェクトに関わるまで私も恥ずかしながら認識していませんでしたが、京橋と銀座の一帯には150店近くもの骨董屋さんとアートギャラリーが集まっていて日本を代表するギャラリー街が形成されています。しかしながらそういう魅力が十分には情報として発信されていない。だからその価値に比して人があまり来ていないように思います。人が来なければ店は土日に閉めてしまう。まずはそのようなエリアの魅力を広く知っていただくということが大事だと思います。そういった意味で京橋3丁目のウェブ・サイトはすばらしいと思います。3丁目だけではなく他のエリアと連携できるようになるともっと発信力を高めていけるのではないでしょうか。まずは知っていただくというソフトな部分から始めるということかもしれません。今申し上げたことを例として他にもいっぱい取り組んでいくべきことがあり、私どももいまさらながらにそこに気づいて少しでも皆様と一緒になってやっていければと考え始めているところです。

山王例大祭にも、今年から八重洲に約60名、京橋にも約10名が参加させていただきました。まずは地元の文化を理解し、一緒にやっていくということからはじめたいと思っています。クリーン・デーも今年から数十名体制でこのエリアの清掃活動に参加しました。やってみると地元に対する愛着もわいてきます。まずはこういうことを手掛かりに私どもの顔を地元の方に覚えていただくことも必要ですし、また私どもの地元に対する愛着や理解が深まれば、まちづくりの新たなアイデアもでてくることと思います。私どもの会社のなかでも徐々にそのような空気が醸成されてきています。

現在、京橋・八重洲エリアは京橋3-1プロジェクトのほか、東京駅のグランルーフ、第一生命さんの相互館、清水建設さんの本社ビル、森トラストさんの開発、日土地さんの開発、そして私どもも関わっています京橋二丁目の再開発、高島屋さんの再開発など、すでに完成したものも含め複数の再開発が行われています。大きなものだけを数えても限られたエリアにこれだけの開発が進むという状況はなかなかありません。こういうことが起きることによって人の流れが大きく変わってくると思います。

東京建物にとって(仮称)京橋3-1プロジェクトはこのエリアの大規模開発の一号案件であり、思い入れも非常に強く、私どもの旗艦ビルにしていかなければなりません。このプロジェクトは都市再生特別措置法に基づく都市再生特別地区として整備しています。既存の道路を廃道して2つの街区を1つにすることによって、ワンフロア1千坪の貸し床の大きなビルをつくることができました。カンファレンスセンター、医療施設として亀田総合病院のサテライト、働く方を支援する子育て支援施設などが開設されます。商業施設だけではなくトータルにこのエリアで働く方々をサポートできる施設にしていきたいと思っています。また公開空地を地元のいろいろな活動に活用いただくことも考えており、商業施設の販売促進活動と地元の皆様の活動が連携できるアイデアも模索していくことになると思います。環境配慮にも力を入れており、緑化は地上31mの高さまで行います。これだけの緑のボリュームがありますので、このエリア全体の中の大きなオアシスができます。それが人を引き付けることにもなり、この仕掛けが人の流れを変えることのきっかけになればと願っています。

最近、まちづくりのなかではタウンマネジメントやエリアマネジメントという、ものごとをエリアでとらえてみんなで共にマネジメントしていくという考え方が広まっています。ディベロッパーだけではなく中心市街地の活性化に悩んでいる自治体や商店街も建物や店が単独で存在しえないということに気がつきました。私どもも地元の方々と一緒になってまちを活性化していくのがディベロッパーの仕事になっていくと個人的には思っています。

京橋地区のまちづくりは皆さんと手をつなぎ合ってやっていくという連携型になると思います。まちづくりを検討していく時には、いろいろなアイデアや資料を提供するなどの汗をかいていくということを誰かがしないといけませんが、例えばそれを私どもが担っていく。また私どもだけではなく、地元の企業の皆様の中にも、地元に対する貢献意識が高まりつつあると思います。まずは地元の皆さんの思いがあってそれを企業群がお手伝いしていくという構図ではないでしょうか。

まちづくりは皆さんと共にいろいろなことを考えてみるというのが基本だと思います。汗をかき、時間をかけて練っていけば、何れは良いアイデアが生まれ、このエリアのポテンシャルはもっと発揮できるようになるはずだと確信しています。(仮称)京橋3-1プロジェクトの完成後も建物を建てて終わりではなく、皆さんと末永くお付き合いさせていただけるような仕事ができればと思っています。

藤井 顕司(ふじい けんじ)
1971年千葉県生
東京建物株式会社都市開発事業部
事業推進グループ課長

藤井顕司さん

聞き手
中崎 隆司(なかさき たかし)
1952年福岡県生まれ
建築ジャーナリスト・
生活環境プロデューサー

中崎隆司